当社について

ノルウェーで誕生した車の靴下 ― オートソック ―

 

オートソックの最初の試作品は1996年、タイヤ専門家のボード・ロートベイト氏によって開発されました。寒い冬のノルウェーでタイヤにチェーンを装着するのは面倒で大変なことです。誰もが簡単に装着出来る手軽な滑り止めはないものか、その思いがオートソックの開発につながりました。その後、1998年にAutoSock 社がノルウェーのオスロで設立され、製品開発のために専門家チームが選ばれました。チームには繊維の技術者、製糸業者や工業デザインなどの専門家の他に、当時のノルウェー・オリンピック委員会に顧問として所属し、摩擦博士としての異名があった科学者、ダグ・アンダース・モルデスタッド博士も加わりました。そして、オートソックの製品デザインは、機能的なスカンジナビア・デザインでも有名な元SAABオートモーティブのデザイン・ディレクター、エイナル・ハライド氏が任されました。

開発チーム発足後、ドイツの大手自動車メーカーや、TÜV SÜD(テュフズード)との共同作業が進み、2000年に欧州で滑り止めとしての認可を得たのち、ようやくオートソックは発売されました。オートソックは布製の滑り止めという世界初の革新的な製品として、大手自動車メーカーやユーザーから高い評価を集めました。その後、オートソックは北米や日本、韓国などでも次々に販売が開始されました。

2006年からはオートソック・オペレーションズ社をオートソック社の子会社として設立し、日々の事業を担っています。本社をノルウェーのオスロに置き、世界各国に販売網を拡げています。

オートソックは数々の賞も受賞しています。また、ニューヨークの近代美術館(MoMA) では永久展示品として展示されています。

ご質問がある場合は、お近くの販売店 => 輸入代理店にお問い合わせください。

 

オートソックは現在以下のメーカーから純正採用をされています。

日産自動車、BMW Group, Hyundai, Kia, Genesis, NIO, Jaguar, Land Rover, Seat, Volvo, Linde and DAF Trucks.