【日本国内正規品は次の内容でご確認いただけます】 ※乗用車用オートソックが対象となります ・パッケージが日本語仕様 ・取扱説明書が日本語バージョン

AutoSock AF 28 フォークリフト用オートソックの製品パッケージ(正面図)
AutoSock AF 28 フォークリフト用オートソックの製品パッケージ(裏面)
フォークリフト用オートソックの製品パッケージ(上面図)
フォークリフトの前輪に取り付けられたAutoSockAF牽引装置

AutoSock AF 28

通常価格
セール価格
¥0
単価
あたり 

AutoSockの公式サイト autosock.jp からは商品を購入できませんのでご注意ください。

製品の特徴

・装着も取り外しも簡単です。
・グリップ、方向安定性、トラクション、ブレーキコントロールが向上。倉庫内、屋外のどちらでも使用可能です。
・運転手と車両、両方の安全性を高めます。
・床や路面にダメージを与えたり、ゴム跡を残すようなことはありません。
・使用中は振動がなく、スムーズで静かです。
・軽量で省スペース、簡単に折りたためるので保管も簡単です。
・何度でも使用可能。汚れた場合は洗濯機で洗えます。
・空港の作業車(ローダーなど)とも互換性があります。

製品には2枚のAutoSockと作業用の手袋が同梱されています。


必ずお読みください

<装着>

車を平らな場所に停止させ、エンジンを止め、パーキングブレーキをかけてください。まず、タイヤについた雪や氷を落としてください。次に、オートソックを取り出し、駆動輪に装着してください。前輪駆動車は前輪に、後輪駆動車は後輪に、四輪駆動車は車両の取扱い説明書に従ってください。

1.オートソックを広げます。

2.タイヤの上部からオートソックを被せ、ゴムバンドがタイヤの裏側にくるようにし、徐々に下方へ被せます。

3.タイヤを半回転分移動させます。

4.残り半分をタイヤに被せ、取り付け完了です。※少々のずれは、走行することで自動的にオートソックが中心にくるように調整されます。

<使用中の走行>

オートソックを装着して走行する場合には、トラクションコントロールや横滑り防止装置(ESC、ESP、DSC、ASR、VDC、VSA)

は解除せずに走行してください。

・発進時は、ゆっくりと安全に走行してください。

・タイヤをスピンさせたり、急ハンドルや急発進、急ブレーキは製品の損傷の原因となりますので、おやめください。

・損傷が激しい場合はご使用をおやめください。

・もし異常音や振動を感じた場合は、一旦停止し、オートソックが正しく装着され、損傷していないかご確認ください。

<取り外し方法>オレンジ色のベルトの上部を両手で持ち、手前に引っ張ります。上半分が外れたところでタイヤを半回転分移動させ、取り外してください。

 

注意・警告

・オートソックは、雪道または凍結路のみで使用してください。

・オートソックは乾燥路面の走行には適しておりませんので、装着の必要がなくなれば、すぐに取り外してください。

・車が駐車されている間は、必ず取り外してください。

・発進の際には、車の後ろに人がいないことを確認してください。

・石や氷の塊が思わぬ勢いで飛び散り、事故につながるおそれがあり危険です。

・オートソックの接地面に内側の黒い部分が露出したら、使用限度に達しています。新しいものとお取り替えください。

・チェーン規制時には、現場の係官の指示に従ってください。(現場の状況により、規制に触れる場合があります。)

・オートソックを装着すると、前輪と後輪で路面に対する摩擦力にかなりの違いが生じます。そのため、オートソックを装着していないタイヤは、路面へのグリップ力を失う危険性があります。

・オートソック装着時は、天候、路面状況等に適した速度で安全に走行して下さい。

オートソックを装着される場合や、装着して走行される場合には、細心の注意を払ってください。